スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者のBlenderメモ

さて今日もBlenderメモです。
正直言って初心者には難しい・・・というかわかりにくい?
ソフトだなーというのが最初の感想でしたね^^;
メタセコが直感的に操作しやすいソフトだということもあって壁にぶちあたりまくりです。ハイ。

ではいくつかぶち当たった壁をかいていくことにします。
まず「 H
コイツやってくれます。
」は隠すのショートカットキーのようです。
つまり Hを押すと邪魔な部分を一時的に見えなくする事が出来る というわけです。
そんなこととは知らない(知るよしもない)Blender初心者がなにかの拍子でついウッカリ「H」をおしてしまったらビビリます。
いきなり選択していたものの姿かたちが消えてなくなってしまうのですから。
でも大丈夫。そんなときは落ち着いて「Alt+H」を押しましょう。
これで見えなくしていたものを再表示することができます。

次に「数字キー」です。
コイツもなかなかやってくれます。
数字キーは表示するレイヤーを切り替える為のショートカットキーなのです。
どういうこと?というかたは
3Dビューのヘッダにあるコイツを見てください
レイヤー
こいつです。これがレイヤーの切り替えに使うボタンです。
基本ではこれは一番左上になってますね(1番のレイヤーにありますよーって事だと思います)
これをクリックしてもレイヤーは切り替わるのですが「数字キー」でも切り替わってしまうのです
そんなことを知らないうちについウッカリ1以外の数字キーを押しちゃうと
何の確認も出ずにレイヤーが切り替わるので
いきなり画面上のオブジェクトが全部消えちゃうわけですよ!「な、、なにがおこった???」
とテンパルこと間違いなしです・・・・・・・
しかもアンドゥが聞かないのがさらにテンパらせます。(ショートカットで移動した場合はアンドゥは効かないようになっているみたいです)
私はあせりました^^;あせって・・落ち着いて立ち上げなおしました(おい
これを見た初心者さんは立ち上げ直しなどせずに落ち着いて数字の1を押してくださいね^^

とりあえず今日のメモはこの辺で。
明日も、、がんばるぞー('A`)おー。





未練たらたらBlender日記

いまだにメタセコを使いながらBlenderもいじっております。
未練たらたらです

今日はBlender初心者の私がいろいろ奮闘したナイフや押し出し、そのたもろもろの機能について
少し書こうと思います。

knife(ナイフ機能)
Kを押すことで機能を使うことが出来る
(ナイフのスペルの頭文字Kから連想すると覚えやすいかもしれない)
・Loop Cut(CTRL+R)
ぐるりと筒状にカットする(数値入力・マウスホイールで等分可能)
面がきれいでないとうまくいかない(三角は切断できない)
メタセコを使ったことのある方なら
接続面を連続切断」という機能にあたると考えるとわかりやすいと思う
・Exact
左クリックで点を打って、線を作成し、その線のとおりに切断する(中ボタンを押すことで直線を引くことが出来る)
Loopcatでは出来なかった「前面はカットするけど背面はカットしない」ということが出来る
・Midpoints
基本は同じ
ただしカットの位置が辺の中間点になる
・Multicut
Exactと同じだが、熊手のような感じで切断される
数値を決めるのでその数値の数の線で分割される
「2」ならば2等分ではなく「2本」の線で分割するので3等分になる

*********************************************************

Extude(押し出し機能)
Eを押すことで機能を使うことが出来る
モードにはRegionとOnlyEdgesとOnlyVerticesがある。
・Region
選択している面をそのまま押し出しする
・OnlyEdges
選択している線を押し出しはするが選択している面は最終的にはってくれない
・OnlyVertices
選択している点だけひっぱっていく
最終的には空中に点だけ浮いている上体ができあがる

ここで混乱しがちなのが
SlectMode(ctrl+TABか右下の:://△のアイコン)で面しか選んでいないと
押し出しモードではRegionしか選べないのでEを押した時点で選択窓が出ずにRegion押し出しが開始されてしまう

*********************************************************

選択範囲の拡大・縮小

面を選択して
「SelectからMore」か「ctrl+テンキーの+」で1頂点分選択範囲が広がる。
「SelectからLess」か「ctrl+テンキーの-」で1頂点分選択範囲が狭まる。


*********************************************************

Subdivide/SubdivideMalti/smooth
ワイヤーを入れて面を分割するイメージで覚えると「W」を覚えやすいかもしれない
Wを押すことで機能を使うことが出来る
・Subdivide
縦と横に一本線を入れて面を分割する
・SubdivideMalti
入れる線の数を自分で指定することが出来る
・smooth
全体的に滑らかになる

*********************************************************

具体的な使い方(詳しい操作内容は上記を参照)

ローポリからハイポリにする一つの手順
(あくまでも私の一つの方法であり他にもっと素晴らしいやり方があるかもしれません)

まずナイフで切る(LoopCutはUV座標がずれるので注意)

押し出しなどで形を整える

ctrl+テンキーの+で選択範囲拡張

subdivideMaltiで10くらいを選択

smoothを数回かける


ふぅ・・・
明日もがんばるぞー('A`)おー。



モデル作り

今日Blenderで初めて作ったモデルの途中経過です。
kao_convert_20081020021618.jpg

線や面から作るのはやったことが無かったので(メタセコは基本図形から変形させていたため)ちょっと難しかったかな。。
もうメタセコが恋しくなってきました。

これは・・・・ただいまメタセコかな?(おい
と、、とりあえず明日もがんばるぞー('A`)おー。

今日も基本

さて、昨日の続きで今日も操作の基本です。
昨日勉強したマウスでの移動、拡大縮小、回転について少し補足。
・移動状態でXYZのいずれかを押すとその軸に沿ってのみ移動となる。
・拡大縮小状態でXYZのいずれかを押すとその軸方向にのみ拡大縮小がおこなわれる。
・回転状態でXYZのいずれかを押すとその軸を中心として回転する。
というのが抜けてました><

では今日の勉強部分です!
・・・モード選択・・・
基本はオブジェクトモードになっていると思います。
オブジェクトを選択した状態で、「Tabキー」を押すと編集画面になる。
この状態をエディットモードといいます。違いは黄色点が表示されているところ。
これはVertexといってメッシュを構成する基本要素です。またVertexとVertexを結ぶ直線をEdgeという。(Vertexとは所謂頂点のことである)

・・・ボタンマウス操作・・・
・Bで範囲選択(四角)マウス左ボタンのドラッグで選択、右ボタンか中ボタンのドラッグで解除
・VでVertexを切り離す。(ループ選択している場合はオブジェ同士を切り離せる)
・shift+Pでプレビュー(今見ている部分をリアルタイムで映してくれます)
・alt+右クリックでそのオブジェクトに重なってるオブジェクトのリストがでます。
・Eで押し出し。押し出しの操作中にSを押すとピボットポイントに対して拡大縮小をしながら押し出しができる。(ピボットポイントは使ったら「,(カンマ)」でデフォルトに戻す癖をつけておきましょう)
・.(ドット)で現在の3Dカーソル位置にマニピュレータのピボットポイントの移動。 ,(カンマ)でデフォルト位置に。
・ctrl+shift+Sで選択したラインを円形にする
・ctrl+Pでアクティブオブジェクト(薄いピンク)が他の選択されてるオブジェクトの親になる。alt+Pで解除
・ctrl+Nで不ぞろいの法線を再計算する(裏になってしまっている面を表にする)
(メッシュツールのDrowNormalsで法線の向きをチェックできる)
・shift+Sでスナップ操作(グリッドを使って物を動かしたりする操作)
・Fで選んだ二つの三角を四角にする。

・・・概念・・・
3Dオブジェクトには中心点、基準の長さ、角度と固有のデータブロックがある。
このような感じだ。
名称未設定 1


うん。少しずつだけどわかってきた気がする。。明日はモデルを何かつくってみようかな。
がんばるぞー('A`)おー。


Blender導入

実は3Dソフト導入時にメタセコBlenderで悩んでBlenderを導入した経験があります。
当時はきちんとインターフェイスから学習する気力がなくBlenderを導入したものの挫折してしまっていました。blender.jpg

今日再びBlenderと向き合ってみました。
うん。今回は頑張れるような気がするのでまずはインターフェイスからキッチリと!

☆マウス操作!!!
オブジェクトの選択
オブジェクトの選択はマウスの右ボタンで行います。一般に普及しているソフトウェアとは逆をいっているのでこれが最もBlenderで戸惑う操作ではないかと思っています。

マウスの左ボタン
マウスの左ボタンは移動や回転の操作を選択したり、確定するときに使います。
まず右ボタンでオブジェクトを選択してマウスの左ボタンを押しながら、3Dビューウィンドウ上の好きなところに直線を引きます縦横どちらでも大丈夫です。
線を引いたら左ボタンを離すと選択オブジェクトの色が白色に変わります。
この状態でマウスを動かすとそのオブジェクトを移動させることができるので好きな場所に移したら
マウスの左ボタンを押して位置を確定します。右ボタンを押すとキャンセルとなり元の位置に戻ります(キーボードのGや右ボタンを押しても同様の作業ができます)
また、マウスの左ボタンを押しながら3Dビューウィンドウ上の好きなところに円を描きます。
この状態で左ボタンを離すとオブジェクトを回転することができます。(キーボードのRを押しても同様の作業ができます)
3Dビューウィンドウ上の好きなところで直線を引きそのまま引き始めの方向へ戻し(大げさに言えばVを書くようにします)この状態で左ボタンを離すとオブジェクトを拡大縮小することができます。(キーボードのSを押しても同様の作業ができます)

マウスのホイール(中ボタン)
ホイールをまわすと画面のズームイン、アウトができます。
また、ホイールボタンを押したままマウスを動かすことで3Dビューウィンドウの画面全体を回転することができます。
Shift+マウス中ボタンで画面全体の平行移動ができます。

基本中の基本となるマウス操作はこんな感じでしょうか。
Blenderをつかいこなせたらなぁ。

がんばるぞー('A`)おー。





プロフィール

しー

Author:しー
*使用ソフト*
メタセコ
Blender
modo

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEB拍手
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。