スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにblender

いえ、決してblenderをいじるのが久しぶりではないですよっ!?
ちゃんと勉強はしてます。。。ハイ。
ただblogはさぼってましt(ry

なので久しぶりにblenderの記事を書こうかなーと思っただけです^^;

とはいっても大した内容ではないのですが。。。
ふとMAPを作っててオブジェクトをカメラの向いてる方向に
自動で向かせてくれる機能はないかしら!
とおもって調べてたらアリマシタ。

昔カメラをオブジェクトの方向に向けるという機能を見たような気がしたので
逆もあるんじゃないかなーとは思っていたんですよ!

では手順を追っていきましょう。

まずはカメラやランプの追跡方法

 向けさせたいカメラやランプとオブジェクトを選択する。
このとき向かせたいものがカメラやランプであれば、カメラやランプを先に選択。
オブジェクトであれば、オブジェクトを先に選択する。


2 Ctrl+tを押す。(MakeTrackメニューが出る)
MakeTrack

 必要に応じてメニューから選択をする。
ちなみにメニュー内容は上から
* TrackTo Constraint
向けさせる物に対応させて向きを変更させるぽい。
* LockTrack Constraint
向けさせる物に対応させて位置を変更させるぽい。
* Old Track
向けさせる物に対応させて向きを変更させるぽい。
しかし、後から向けさせる物 の位置を変更したときには追跡しないらしい。


以上のことをふまえてやってみた!
まずは。カメラとオブジェクトを用意して。
今回はオブジェクトをカメラの向きに向かせたかったので
先にオブジェクトを選んでからカメラを選択するっと。
選択

Ctrl+tを押して TrackTo Constraint を選択。
あれ・・?
なんか予定してたのと違うな。。。
と思って色々いじっていたら
constraints1.jpg
ここに注目です。
constraintsってなんだっけ・・・・
アッタ!アッタ!
向かせた方(今回はオブジェクト)のみを選択した状態
F7をポチットな。
何回か押せばこの画面がでてきます
Constraints.jpg
もちろん何回か押せば!なんて適当じゃ納得できないYO!
というそこのあなたのために(ナンダソレ
パネルボタンのここに注目!
ボタン1
F7を押すと赤い丸で囲んだ左の矢印が選択された状態になります。
ここでF7を数回押すと右にある3つのボタンを順次選んでいくことになります。
ここで使うconstraintsのメニューを呼び出すためのボタンは青いまるで囲んだコレ。
ボタン2
コレを押せばメニューを開くことができます

ではメニューを見ていきましょう。
targetにカメラが選択されています
カメラのほうを向かせたかったのであってますね。
ではなぜ変な向きになってしまったのでしょうか。。
おそらくその下のほうにある座標ぽいやつが関係してそうですね
Toはどの面をそのカメラに向けたいか
UPは向けたうえでどの方向を上にしたいの?ってことだとおもいます。

私は板を立てた状態で向かせたかったので
えっと・・・・本来上を向いてる板を立てて向かせる・・・
Z軸を向かせるのかな・・・?そしてYを上に向かせる。
と設定してみました。結果
結果
おー!できたっ!!!

今回は TrackTo Constraint でやったので
もちろんあとからカメラを動かしてもこのとーりっ!
移動後

Old Track でやった場合にはオブジェクトとカメラの間を結ぶ点線がなく
実行後カメラを動かしてももちろん追従はしてくれませんでした!

という感じでなにやら考え方ひとつで色々使えそうだなーと思ったので
覚書のつもりでかきました~
もしこういうのがやりたかった!っていう人の参考になったならウレシイナ(ノω`*)

明日からも
がんばるぞー('A`)おー。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

しー

Author:しー
*使用ソフト*
メタセコ
Blender
modo

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEB拍手
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。