FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

switch-case文!

みなさまお元気ですか?
私は日々C言語と格闘しております。。
では本日のお題!ジャーン

switch文 ~別名switch-case文~

まず早速新しい言葉はしらべましょう!
switchって何?
んー想像するに分岐?切り替え?そういう意味で使いそうですね

では調べた結果はこうでした。
分岐したいときに使う(おーあたってる!

分岐というとif文が思い出されますがif文との違い

2つ以上の分岐をしたい場合

if文は分岐するための条件として「ある条件に合っているか。それとも合っていないか。」というイワユル二択の分岐でした。
でも物事には二択じゃ決められないってことたくさんありませんか?
3つや4つといった分かれ道がほしいときもあるはずです。

ほら!たとえば「なんなの!?私とあの子どっちがすきなの?」とかいわれて  もあなたが3又中ならいや。。。どっちもちがってこの子が本命で・・・とか
あるかもしれないじゃないですか!


そういったときに使用するのが「switch文」なのです

かっこの中は条件文ではなくて値(変数)を使う 
分岐の条件としてif文では()のなかに条件文をもちいていましたよね!
このかっこの中が条件ではなく値を使うのが「switch文」です

比較されたものが完全に一致することで分岐する
if文では()の中の条件でaは5とおなじかそれより小さいなど大小の比較ができましたね?  
比較はできなくて必ず一致して分岐するのが「switch文」です
一致するということは==で表記されますがすべてがこの表記になるので
いちいち記述する必要がないそうです


比較される対象がかならず定数でなければいけない
 if文では変数も比較が可能でしたが
 caseのあとに必ず定数をかかなければいけないのが「switch文」です


明日から例題を踏まえてやっていきたいと思います
今日はこの辺で・・・
がんばるぞー('A`)おー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しー

Author:しー
*使用ソフト*
メタセコ
Blender
modo

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
WEB拍手
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。