スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練たらたらBlender日記

いまだにメタセコを使いながらBlenderもいじっております。
未練たらたらです

今日はBlender初心者の私がいろいろ奮闘したナイフや押し出し、そのたもろもろの機能について
少し書こうと思います。

knife(ナイフ機能)
Kを押すことで機能を使うことが出来る
(ナイフのスペルの頭文字Kから連想すると覚えやすいかもしれない)
・Loop Cut(CTRL+R)
ぐるりと筒状にカットする(数値入力・マウスホイールで等分可能)
面がきれいでないとうまくいかない(三角は切断できない)
メタセコを使ったことのある方なら
接続面を連続切断」という機能にあたると考えるとわかりやすいと思う
・Exact
左クリックで点を打って、線を作成し、その線のとおりに切断する(中ボタンを押すことで直線を引くことが出来る)
Loopcatでは出来なかった「前面はカットするけど背面はカットしない」ということが出来る
・Midpoints
基本は同じ
ただしカットの位置が辺の中間点になる
・Multicut
Exactと同じだが、熊手のような感じで切断される
数値を決めるのでその数値の数の線で分割される
「2」ならば2等分ではなく「2本」の線で分割するので3等分になる

*********************************************************

Extude(押し出し機能)
Eを押すことで機能を使うことが出来る
モードにはRegionとOnlyEdgesとOnlyVerticesがある。
・Region
選択している面をそのまま押し出しする
・OnlyEdges
選択している線を押し出しはするが選択している面は最終的にはってくれない
・OnlyVertices
選択している点だけひっぱっていく
最終的には空中に点だけ浮いている上体ができあがる

ここで混乱しがちなのが
SlectMode(ctrl+TABか右下の:://△のアイコン)で面しか選んでいないと
押し出しモードではRegionしか選べないのでEを押した時点で選択窓が出ずにRegion押し出しが開始されてしまう

*********************************************************

選択範囲の拡大・縮小

面を選択して
「SelectからMore」か「ctrl+テンキーの+」で1頂点分選択範囲が広がる。
「SelectからLess」か「ctrl+テンキーの-」で1頂点分選択範囲が狭まる。


*********************************************************

Subdivide/SubdivideMalti/smooth
ワイヤーを入れて面を分割するイメージで覚えると「W」を覚えやすいかもしれない
Wを押すことで機能を使うことが出来る
・Subdivide
縦と横に一本線を入れて面を分割する
・SubdivideMalti
入れる線の数を自分で指定することが出来る
・smooth
全体的に滑らかになる

*********************************************************

具体的な使い方(詳しい操作内容は上記を参照)

ローポリからハイポリにする一つの手順
(あくまでも私の一つの方法であり他にもっと素晴らしいやり方があるかもしれません)

まずナイフで切る(LoopCutはUV座標がずれるので注意)

押し出しなどで形を整える

ctrl+テンキーの+で選択範囲拡張

subdivideMaltiで10くらいを選択

smoothを数回かける


ふぅ・・・
明日もがんばるぞー('A`)おー。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しー

Author:しー
*使用ソフト*
メタセコ
Blender
modo

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WEB拍手
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。