スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gimpで発光エフェクトをつけてみよう

ものすごい久しぶりの更新です。
一応生きてました。ハイ。

今日は3Dに取り込むテクスチャ作成で発光エフェクトというかグローエフェクトというか
そんな感じの効果をだすスクリプトを取り入れたので使い方をメモしておきます。

borderglowというやつです。エッジ部分にグローをかけてぼんやり見せる効果ですね。
グローをかけたいレイヤーを選択しておくこと。
グローをかけたいレイヤーは背景が透過されていること。
選択、透過
グロー部分の色は描写色が反映されるので好みの色を選んでおく。
(ダイアログ内のUse BackGround? にチェックを入れると背景色がグローの色として反映される)
結果こうなる。
glow結果

ふぅ~。
短いけど今回はこんな感じで。
またいつか(いつかカヨ)がんばるぞー。('A`)おー。

スポンサーサイト

創造物

実は私。
昔から美術が全くもってダメだめでした。図工とかもダメでした。
何がだめって想像力がないんです。
何でもいいので作ってください~描いて下さい~
っていうお題が本当に苦手で・・・というかできませんでした
考えてるだけで授業時間が終わるくらい(゚ロ゚;)

ということで!
今日から少し絵も勉強していこうかと思います。
まずは上手い!と思う人の絵を模写することから初めて
綺麗に見える線の流れや色々な造形を頭に入れることで
イメージできるものを増やしていこうかな?と思っています。
引き出しが少ないから想像できないんだもんねっ!
がんばるかー><

まぁしばらくは人様の模写とかなのでblogにはのせれませんが・・・
コツコツやっていこうとおもいます^^;

よーし。明日から(明日からかよ
がんばるぞー('A`)おー。

布のしわの表現方法

今日はテクスチャを作るときに苦労した布のしわの表現についてです。
ポリゴンのほうで作ってしまえば楽といえば楽なのですがそうするとどうしてもポリ数が増えてしまうので出来るだけテクスチャで表現できたらなーと考えました。
そこで上手くしわを表現する方法はないかとフォトショと格闘していましたら「置き換え」というものがあるようです。
「置き換え」とは元画像を置き換え画像の白黒に合わせてゆがませたりする事ができるそうです!
では順を追ってやってみました。
まずは元画像と元画像と同じ大きさの新規ファイルを作ります。
新規ファイルに「フィルタ」→「描画」→「雲模様2」をして、しわの元になる物を作成します。「雲模様2」は回数を重ねると稲妻のようなスジがたくさん発生するそうです。気に入った筋が出来るまで繰り返しおこなったり、削除して再びおこなったりなどするといいそうです。
背景色と描画色は白と黒にしておくのが良いそうです

気に入った模様ができたら「画像調整」→「ライティング」→「レベル補正」を使用して(画像調整から見つからない方は「イメージ」→「色調補正」→「レベル補正」にあると思います)白黒の差を強調します。

さらに「フィルタ」→「変形」→「波形」を使ってしわが巻き込んでいる感じを少しだしてみるらしいです。これに名前をつけて保存します。

しわの元になるものができたのでテクスチャーの画像を開いたところに今さっき作ったしわのレイヤーをコピペします。
しわのレイヤーの描画モードを「ソフトライト」にして透明度を70%にしてみるとなんとなくにしわがついたような陰影が表現されてました!しかし実際に模様がゆがんだわけではありません。

ここで「置き換え」が活躍です。
テクスチャーのレイヤーを選択した状態で「フィルタ」→「変形」→「置き換え」を選択します。
ダイアログがでてくるのでOKを押したら置き換える画像を選ぶダイアログが出るので先ほど作ったしわの画像を選択するとなんと!!テクスチャーがしわの画像の白黒を元にゆがみます。
さっきのスフトライトの画像の効果もあって結構ちゃんとしたしわに見えるような気もします><
雲模様元画像
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
          結果

これ以外の方法では。
「フィルタ」→「変形」→「ゆがみ」で自分の理想のしわの線を書き足してOKを押し
そこに影などをかきたす方法があると思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ゆがみ

前者と違って自分の思ったしわの線がスムーズに形に出来るということがメリットだとは思いますが
やはり「自分で描く」わけですからそれなりの練習が必要にはなるかなーとは思います。
実際ゆがませただけでは立体に見えにくいというのもありますので「低い部分と光の位置」を考えて影を入れてあげるとよりリアルになります。

どちらもいい効果はでると思うのでお好みに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

ということで今日はこの辺で。明日も!
がんばるぞー('A`)おー。






今日もせっせと

テクスチャ作り。
宮殿をイメージして床やどこかの模様に使えそうなテクスチャつくりに取り掛かりました。
(森をイメージしたMAPはどうした!?という声が聞こえてきそうですが気にしません( ゚Д゚)

宮殿なら少し華やいだ感じのがあっても使えそうかなー?
ということで。
tairu.jpg

うん、テクスチャ作り楽しいですね♪
明日はちょっと楽しみに待ってた本が届く日なので今日はこの辺で寝ます!!

がんばるぞー('A`)おー。

テクスチャに挑戦

今日は3D制作に無くてはならないテクスチャ作りの話題です。

例えばMAPを作ったとしてテクスチャをはらないとノッペラ(?)した味気のナイ空間ができあがっちゃいますねー。そこでパーツにあった素材を張ってあげたら息が吹き込まれます。

ってなかんじで今日はテクスチャを作ってみました。
じゃーん。
床
ダイヤ模様系の基礎にコケが生えた感じが欲しかったのでこんな風になりました。
作るときには頭の中に完成MAPを思い浮かべて
「ここは外で雨ざらしだから床自体汚れが目立っててコケとかだって生えてておかしくないよなー」
なんて独り言を言いながら作っていました( ・∀・)

作成ソフトはフォトショのみです。
影をかけるようになると平面のものに凹凸をを作ることが出来るようになるので練習は大切ですね
このテクスチャでも平面の模様を作った後にラインに影をつけてくぼませることで一枚一枚のタイルをリアルっぽくみせれたらなーと試行錯誤しました・・・・

そしてテクスチャで必要となる作業の一つに「シームレス化」というものがあります
通常写真や絵などテクスチャに使いたい素材があったとしてそれは左右対称になどなっていないことが多いデスネ。
床や模様とくに大きくはりたい時はシームレスになってないとこうなります
絵がつながりませんね
そこで作業です。
こんな感じに!
横がつながりましたね
これを横方面にも分割して同じ作業をすると
横に並べても縦に並べてもきれいにつながった絵になります。
床や壁にはこういったテクスチャを使うとつなぎ目に泣かされずにすみますよ~

っと。今日は長々とかいちゃいました。明日もどんどんいきますよ!
がんばるぞー('A`)おー。


プロフィール

しー

Author:しー
*使用ソフト*
メタセコ
Blender
modo

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
WEB拍手
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。